医療関係者の方へ

監修 : 小林 正 先生
(富山大学 大学院医学薬学研究部 特別研究教授)

合併症
なぜ糖尿病は怖いの?

糖尿病の合併症

糖尿病は血液中のブドウ糖(血糖)が高くなった状態、高血糖が続く病気です。

多少血糖値が高くても自覚症状はほとんどありません。

しかし、血糖が高い状態が長期間続くと、全身の血管が次第に障害されて、様々な合併症が引き起こされます。

ほとんど自覚症状がないままに病状が進むのが、糖尿病の怖いところです。

糖尿病の合併症には大きく分けると、細い血管が障害されて起こる「細小血管障害」と 太い血管が障害されて起こる「大血管障害」があります。

細小血管障害

・糖尿病網膜症

・糖尿病腎症

・糖尿病神経障害 など

糖尿病の人に特徴的な合併症で、「三大合併症」といわれています。

大血管障害

・心筋梗塞

・脳卒中
(脳梗塞・脳出血)など

手当てが遅れると死にもつながる危険な合併症です。

そのほかにも、感染症にかかりやすくなったり、高血圧や脂質異常症を合併している人も多いことがわかっています。

合併症がある程度進行すると、進行を止めるのが難しくなります。 できるだけ早く合併症を発見し、治療することが重要です。

合併症のアドバイス

コラム1. 急性合併症にも気をつけよう

糖尿病の合併症には、細小血管障害や大血管障害のような徐々に進行する合併症(慢性合併症)のほかに、 比較的早く症状が起こる「急性合併症」があります。

その代表が、「糖尿病ケトアシドーシス」とよばれるもので、高血糖による、のどの渇きやだるさが出現し、 やがて意識障害や昏睡などの症状が起こります。

糖尿病ケトアシドーシスは医師から指示されたインスリン注射をしなかったり、血糖降下薬を飲まなかったりして、 インスリンが極度に不足したときに起こります。

ひどくのどが渇いたり、強いだるさを感じたときは、すぐに病院や主治医に連絡しましょう。

[ピックアップコンテンツ]