医療関係者の方へ

監修 : 佐藤 祐造 先生
(愛知学院大学 心身科学部健康科学科 教授)

運動療法
なぜ運動療法は重要?

運動療法には、糖尿病の予防や改善につながる様々な効果があり、運動後すぐにあらわれる「急性効果」と、 継続することであらわれる「慢性効果」に分けられます。

運動の効果

急性効果

  • 血液中のブドウ糖を消費し、血糖値が下がります。
  • ストレス解消になります。

慢性効果

  • 減量効果が期待できます。
  • 血糖値を下げる働きをするインスリンの効きがよくなります。
  • 心臓や肺の働きを高めます。
  • 血圧やコレステロールが下がります。

運動療法を適切に行うことで、上記の効果に加えて、食事療法、薬物療法など、ほかの治療の効果を助けます。

運動療法の写真

交通手段や電化製品、コンピュータの発達により、私たちの生活は大きく変化しました。

毎日の暮らしが便利になった反面、日常的に体を動かす機会は減っています。

食生活が欧米化した現代の日本人にとって、運動不足は肥満や糖尿病、高血圧などの生活習慣病の大きな原因となっているのです。

コラム.1 運動療法は体型にかかわらず効果的

ランニング

太り気味の糖尿病の患者さまにとって、体重を減らすことはとても重要です。

しかし、体重を減らすために極端な食事制限をすると体脂肪だけでなく体に必要な筋肉まで減らしてしまい、 糖尿病への効果もあまり期待できません。

これに対して運動療法を行うと、筋肉量が増え、余分な脂肪を減らすことができます。

つまり『バランスのよい減量』ができるのです。

さらに、適度な運動は、筋肉の内部に変化を起こしたり、内臓脂肪を減少させたりすることにより、 『インスリンの効きをよくする』ことがわかっています。

インスリンの効きがよくなると、体型にかかわらず、血糖値が下がりやすくなり糖尿病への効果が期待できます。

運動療法は、糖尿病の治療・予防においてとても重要ということです。

[ピックアップコンテンツ]